土にまみれた手の美しさ

土を愛する人は、手が土にまみれても気にすることはありません。細やかな土の中に手を差し込み、その決して変わることのない力強さを感じることに喜びを見いだします。指には自然に触れたという証を見て取れるでしょう。静かに永遠に続く魅力的な物語です。環境に気を配り、その特性を受け入れる。この仕事を始めて、私と土の関係に変化が起こりました。

自然に知識や技術が身につき、世話をするブドウの木を理解するようになりました。それぞれの木に特徴があり、ニーズがあります。剪定、芽かき、固定、実の量の調節は、強く健康なブドウを育てる上で非常に重要な作業です。

そして、化学肥料の代わりに緑肥を使用。積極的な農薬の使用を取りやめ、機械を使って除草作業を行っています。手をかけるのを必要最低限にすることで、環境と自然を尊重し、信頼されるブドウの栽培に到達することができました。

ブドウ畑責任者 コンスタンティーノ・コラッチャーニ